副業に最適なAmazon輸出をツールで効率化

Amazon輸出の基本的な流れ

Amazon輸出の基本的な流れを理解しよう!

Amazonでの個人輸出に必要な登録は出来たけど何から始めればいいの?って方もいらっしゃると思います。

 

今回はAmazon輸出(無在庫販売)の流れを見ていきましょう!

 

簡単に言うと下図の様な形になります。

 

Amazon輸出,個人輸出,ツール,海外せどり,副業Amazon輸出(無在庫販売)の流れ

 

詳しく見ていきますね♪

 

@海外で販売する商品のリサーチ

日本と販売国で内外価格差のある商品を探す作業です。

 

試しに以下のサイトでリサーチしてみましょう!
適当にキーワードを入れて出てきた商品の所にある「世界で比較」を押してみて下さい♪

 

世界横断比較サイト

 

例えば、「ワンピース フィギュア」で検索するとこんな商品がありました。

 

Amazon輸出,個人輸出,ツール,海外せどり,副業Amazon輸出,リサーチ,価格差比較

 

さて、ここで出てくるのが利益計算です!

AAmazon輸出の利益計算

為替レートは計算してくれているので、分かりやすいと思います。

 

まず米国で販売した場合の粗利を見てみましょう!
¥3878(米国の販売価格)−¥2850(日本の価格)=¥1028

 

この金額からAmazonの販売手数料と米国に送る送料を引いた金額が利益となります。
(自己発送の場合は資材費、発送代行会社利用の場合は手数料が要りますが今回は考えません)

 

Amazonの販売手数料は物に拠りますが大体15%ですので
\3878×0.15=\581が手数料となります。

 

今回は商品が軽いのでSAL便で発送しましょう。
この商品だと、おおよそ700円くらいだと思います。

 

最終的な利益はいくらになったでしょうか?

 

\1028−\581−\700=−\253

 

赤字ですね。。。
この様に、通常、販売する商品を探す場合、@とAを繰り返します。

 

私も最初は価格差がある商品を見つける度にドキドキしながらやってましたw
でも、全然良い商品が見つからないんですよね。。。

 

はっきり言って、こんなやり方をしていたら売る商品を見つけるだけで日が暮れます。

 

そこで登場するのがAmazon個人輸出ツールです!

 

ツールを使って、@とAを自動化すれば一気に時間を短縮する事が出来ます♪
このツールの良し悪しによって大きく変わってくるのですが、
ツールについては次回に詳しく説明しますので、次に行きましょう!

 

BAmazonへ出品

@・Aを繰り返して良い商品を見つけたら次は出品です!
これはまぁ・・・Amazonに出品登録するだけなので説明は省きますw
出品は、ツール上で1クリックで出来るのでAmazonのやり方は追々でもいいかもしれません。

 

C販売している商品の価格調整・在庫管理

さて出品したら、次は売れやすい様に商品価格調整する必要があります。
また、日本のAmazonに欠品が出たり商品価格が上がってしまうと
赤字やキャンセルといった最悪の事態も想定されるので日本のAmazonもチェックする必要があります。

 

えっ!?と思った方もいらっしゃると思いますw
そうなんです・・・とても管理しきれないんです。。。

 

ここでまたツールの登場です!

 

価格の調整や日本のAmazonの在庫をチェックもツールで自動化する事が可能です♪
これも良いツールと悪いツールがあるのですが、次回に!

 

D仕入れ・発送

さて出品していた商品が売れました♪

 

次に行うのは仕入れと発送です!
仕入れは商品を購入するだけなので置いといて・・・問題は発送ですね。

 

最初は自分で梱包して発送するのもいいと思います。
ただ・・・一日の出荷数が増えてくると、とても一人じゃ捌ききれないので、発送を代行してくれる会社に依頼するのがいいと思います。
(ご家族の協力が得られるなら自己発送がいいです♪)

 

私は、ちょっとめんど・・・いや、大変なので発送代行会社を利用しています。

 

自分で梱包して発送するのは、結構時間が掛かります。
あまり重点を置き過ぎると、リサーチや出品に使う時間が減ってしまい結果的に売上減少に繋がってしまいます。

 

自分のキャパを超えたな・・・と感じたら、一時的にでも発送代行会社を使うのがいいと思います。
その間に自分で発送出来る態勢を整えましょう♪

 

E利益計算

売れる度に毎回する必要はないですが、Amazonからの入金が2週間に一度あるので、
2週間に一度、最低でも1ヶ月に一度は計算してみましょう!

 

後からやってると送料いくらだったかな?仕入れ値いくら?と言った事が起こるので、
当サイトのツールでは入力可能な形にして売上管理機能を設けています。
仕入れや発送を行ったら入力という習慣を付ける様にしましょうね♪

 

Amazon個人輸出のイメージは掴めましたか?

 

無在庫販売は、@〜Cを繰り返して、どんどん出品数を増やしていき、
売れた物を購入・発送していく非常にシンプルな販売方法です。

 

あれ?ツールを使えばあまりやる事ないんじゃ・・・って思った方も多いと思います。
そうなんです・・・あんまりやる事ないんです♪

 

発送以外の作業はツールを使えば、ほぼ自動化が可能です!
発送も代行会社を利用すれば自動化する事が出来ます♪

 

でも、人の意思をある程度入れないとみんな一緒の物を販売する様になってしまうので、ちょっとはやる事あります。
数万件の商品を販売していると、ちょっとの差が結果的に大きな差となるのがAmazon個人輸出の面白い所です♪

 

それでは、次回はAmazon個人輸出に使われるツールとはいったいどのような物なのか説明していきたいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazon輸出,個人輸出,ツール,海外せどり,副業Amazon,個人輸出,ツール,

関連ページ

国際発送料金比較表(日本郵便)
Amazon輸出で利用する事の多い日本郵便の国際郵便サービスを発送方法別で送料を比較しています。
アカウント保護について
Amazon輸出ではアカウントを守る事が非常に重要です。アカウントヘルスを良好に保つ事を心掛ける事が始めの1歩です。
効果的なリサーチ
Amazon輸出ツール-KUROFUNE-を利用して売上を上げる方法を解説しています。副業に最適な海外せどり。効果的なリサーチ方法とは?
カート獲得を狙おう!
Amazon輸出ツール-KUROFUNE-を利用して売上を上げる方法を解説しています。副業に最適な海外せどり。売上UPのカート獲得を狙うには?

KUROFUNE登録ページ KUROFUNEの設定 KUROFUNEの操作方法 お申し込み よくあるご質問