Amazon輸出を効率化させる発送代行会社について

発送代行会社について

発送代行会社について

KUROFUNEを利用したAmazon輸出において、一番手間のかかる作業は発送です。

 

毎日、数個程度の発送なら自己発送をおすすめしていますが、
無在庫販売の場合、出品をサボると売上が下がります。。。

 

また、Amazonは一気に大量に出品を行う販売者より、コツコツと毎日出品を重ねる販売者を好みます。
Amazonに好まれるとカートを獲得しやすくなるので、出品はこまめに行いましょう♪

 

出品作業をしつつ、発送も行うのは結構労力が要りますので、
発送個数が多くなってきた方、時間があまり取れない方は発送代行会社の利用を検討されてもいいと思います。

 

現在、色々な発送代行サービスがありますが、ピンきりです。。。

 

では、どう選定すればいいのか?

 

選定のポイントは、
@手数料
A送料(送料割引、もしくは累積発送個数による割引の有無)
B利用料の有無
C実績・情報開示・規約等
この4つはチェックした方がいいかと思います。

 

@安いに越した事はないです。

 

A個人で発送した場合、発送個数によって20%ほど送料の割引があります。
この割引を利用者に還元している会社と還元せずに収益にしている会社があります。

 

B無いに越した事はありませんが、月額利用料がある場合でも、その分利用者に送料や発送スピードなど有利な条件を提供している場合があります。
トータルで見て判断が必要です。

 

C@〜Bも重要ですが、一番重要です。
可能であれば、倉庫を見に行く事をおすすめします。
(キャパ・従業員等)

 

発送代行会社を利用する場合、@〜Cをしっかり吟味しましょう。

 

@〜Bは事前に費用で含んでいれば問題ないですが、Cは非常に重要です。

 

最近はAmazon輸出をやっていた方が事業展開でやっている所が多いです。
信頼出来る所もありますが、いざトラブルになった際に無責任な所も多い気がします。
月に数十〜数百万円もの商品を送ると考えて適切な業者なのか、ビジネス目線でしっかりと吟味しましょう。
会社情報がしっかりと書かれていない、秘密の〜等は、まず除外対象だと思います。

 

最悪、キャパオーバーで倉庫に未発送が山積みといった事もありますので、くれぐれもご注意下さい。
人生終わりかねないです。。。

 

Amazon輸出に関わってる所がやってる事が多いですが、売れた商品の発送を任せると言う事は、そういった所に売れる商品の情報を流す事と一緒です
月商○百万とか言ってる方がやってる所はやめた方がいいんじゃないかと・・・w

 

選定は会員様に委ねておりますので、しっかりと吟味してください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazon輸出,ツール,発送代行,VPSAmazon,個人輸出,ツール,

KUROFUNE登録ページ KUROFUNEの設定 KUROFUNEの操作方法 お申し込み よくあるご質問