Amazon輸出ツールの操作

KUROFUNE輸出の流れ

KUROFUNE輸出の一連の流れ

こちらのページでは、実際にKUROFUNEを利用して販売を行う流れについて説明しています。

 

KUROFUNEの設定がきちんと行われていない場合、利益計算等がうまく機能しませんのでご注意下さい。

 

設定がまだの方はこちら⇒KUROFUNEの設定

 

KUROFUNE利用の大まかな流れは以下の様な形になります。

 

@ASIN収集機能で商品のASIN番号を集める
A収集したリストをASIN読み込み機能を使ってKUROFUNEにデータを取得させる
B表示されたリストから出品する商品を選んで出品
C注文管理画面で注文が入った商品をチェックし仕入れる
D仕入れ金額と送料を入力する

 

@AASIN収集・データ取得
KUROFUNEは並列処理数に上限を設けています。
処理数にも拠りますが、両方の機能を使うと遅くなります。
ある程度ASIN番号を貯めておいて、操作しない時間帯にデータ取得を行う等、工夫してください。
VPSを利用されている方は、スマホでASIN収集の指示を細かくしておくと便利かもしれません。

 

機能説明
ASIN収集⇒画面説明(ASIN収集機能)
ASIN読み込み・出品⇒画面説明(ASIN読み込み・出品)

 

B出品
利益や発売日・出荷日数・2カ国の商品画像をチェックして出品します。
KUROFUNEは、即座に出品要求を送りますが、Amazon側の処理が、一旦在庫0で登録され、その後在庫が反映される形の為、Amazonに出品されるまで一定時間掛かります。
尚、出品中リストの自動価格改定をONにしていない場合、出品中リストに反映されず価格改定も行われませんのでご注意下さい。

 

出品中リスト⇒画面説明(出品中リスト)

 

CD注文管理
こちらで注文が入った商品の確認・仕入れを行います。
「商品確認ボタン」で販売国と仕入れ国に相違がないかチェックを行いましょう。
注文管理画面の説明はこちら⇒画面説明(注文管理)

 

大まかな流れは以上の様になります。
まず最初は、@〜Bを繰り返して出品数を上げていきましょう!
そうすれば自ずとCDが物凄く忙しくなります♪

 

最初の方で説明した・・・
「出品数が売上に直結する!」を実感出来ると思います。
頑張りましょ♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Amazon輸出,ツール,海外せどり,worldfirst,Amazon,個人輸出,ツール,

関連ページ

画面説明(ASIN収集機能)
無料で使えるAmazon輸出ツール-KUROFUNE-の操作方法(ASIN収集編)
画面説明(ASIN読み込み・出品)
無料で使えるAmazon輸出ツール-KUROFUNE-を設定して、副業に最適な海外せどりの環境を自動化しましょう!
画面説明(出品中リスト)
無料で使えるAmazon輸出ツール-KUROFUNE-の出品中リストの説明です。
画面説明(注文管理)
無料で使えるAmazon輸出ツール-KUROFUNE-注文管理画面の説明です。

KUROFUNE登録ページ KUROFUNEの設定 KUROFUNEの操作方法 各種追加機能お申し込み よくあるご質問