Amazon輸出に必要なアカウント・海外口座等について

Amazon輸出に必要な物

Amazon輸出に必要な物は?

Amazon個人輸出を始めるには、以下の物が必要となります。

  • Amazonの大口販売者アカウント
  • 売れた商品代金を受け取る口座
  • PC
  • クレジットカード

 

@Amazon販売者アカウント

Amazonには大口販売者・小口販売者と2種類の販売者用アカウントがあります。
小口の場合、出品・販売という最低限の機能しか使えません。
大口の場合、出品・販売はツールとの連動など様々な機能を利用する事が出来ます。

 

注意してもらいたいのは、Amazonでの販売は大口アカウントと言う事です。

 

KUROFUNEに限らず、数多くあるAmazon個人輸出ツールでは、出品・価格調整等の機能を大口販売者アカウントのアクセスキーを利用して行っています。
これがないと始まらないのでご注意下さい。

 

また、多くのツールは日本Amazonの大口販売者アカウント(4900円)も必要となりますが、当サイトの輸出ツールは必要ありません。
それだけでお得ですね♪

 

Amazonの販売用アカウントの登録方法はこちら
Amazon販売用アカウントの登録方法

 

 

A売れた商品の代金を受け取る海外口座

米国では「ビジネスの売上は法人口座で」という決まりがあります。
Amazonで販売した商品の代金は、この法人口座に振り込まれます。

 

この法人口座・・・作れない事もないのですが、非常に手間と費用がかかるので、
PayoneerWorldFirstといった法人口座のレンタル・送金サービスを利用する事になります。

 

レンタルサービスと聞くとちょっと怪しく感じるかもしれませんが、、どちらもAmazonの公式パートナーとして採用されています。

 

世界各国のAmazon個人輸出の実践者のほとんどがこのサービスを利用している!と言っても過言ではありません。

 

日本語でのサポートも充実しているので、
Amazon個人輸出を始めてみようと言う方はこの2つのどちらかに登録しましょう!

 

口座の開設方法や各サービスの比較はこちら⇒海外口座を徹底比較!

 

 

BPC

一応ネットビジネスなので必要です。
ツールや様々なサービスはMacに対応していない事が多いのでWindows一択です。
Windowsのバージョンは7以降が良いでしょう。

 

価格調整等の機能を有しているツールは、イメージ的にはFXの自動売買システムと一緒で24時間フル稼動しています。

 

詳しく知りたい方はこちら⇒KUROFUNEの新ver.につきまして

 

クレジットカード

Amazon大口販売者は月額の利用料が必要となりますので、クレジットカードが必要となります。
これは、日本国内のもので大丈夫です。
Amazon個人輸出をするにあたって、商品の購入にも必要となると思いますので1つは必ず用意しましょう。

 

Amazonカードだと、買い物の度にAmazonポイントが付き、Prime商品の送料が無料なのでAmazonゴールドがおすすめです♪
まぁAMEXや三井住友みたいな高級感はないですw
三井住友はカードの利用枠が一緒になると思うので注意してくださいね。

 

かなり長くなりましたが、Amazon個人輸出を始めるには@〜Cが必要となります。

 

次回以降はさっそくAmazon個人輸出に必要な各種アカウントの登録をしていきます♪
Amazon販売用アカウントの登録方法

 

Amazon個人輸出の基本的な流れをもっと知りたい方はこちらにどうぞ♪

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazon輸出,ツール,海外せどり,登録,副業Amazon,個人輸出,ツール,

関連ページ

Amazon輸出とは
副業に最適なAmazon個人輸出(海外せどり)のメリット・デメリット、なぜ稼げるのかを中心に解説しています。
Amazon輸出の販売方法
副業に人気のAmazon輸出(海外せどり)の販売方法についてご紹介します。

KUROFUNE登録ページ KUROFUNEの設定 KUROFUNEの操作方法 お申し込み よくあるご質問